>

ストレス社会での癒し

なぜエステに通うのか

エステは、体と心のメンテナンスです。歳を重ねていくことは、老いることです。みんな、自分自身が老いていくことは知っています。しかし、老いを認識するタイミングまでは、知る由もありません。それゆえに、いつの間にか老化していた、という現象が起こり得るのです。毎日のちょっとした変化というものは、気づきにくいものです。ある日、鏡を見て、自分の老いた姿に、突然のショックを受けないためにも、日々メンテナンスを行うことは重要です。見た目が若返ると、気分も晴れやかになり、何事にも意欲が湧いてきます。心が元気になると、身体も病気になりにくくなります。一見高額なエステ費用は、実は、思ったより高くないのかもしれません。

エステに通い続けられないのはなぜか

エステは続かない、といいます。あまり効果を感じられなかったり、効果があっても、行くのが面倒くさかったりするからです。効果が感じられなかったのであれば、別のサロンを検討する必要があるかもしれません。
エステは、一時的な効果しか得られないので、定期的に行くのが望ましいです。エステティシャンからも、どのくらいの頻度で通うべきか、の話が為されることでしょう。
ただし注意すべきなのは、機械的に、義務的に通うのは、逆効果であるという点です。心と体は繋がっているので、行きたくないのに行ったところで、癒されることはありません。よって、サロンやエステティシャンとの相性も重要になってきます。定期的に通えるよう意識しつつ、心身の調子を整えることが大切です。


この記事をシェアする